女優&ジェンダー活動家| エマ・ワトソンのスピーチから学ぶ人生と英会話 No.1

エマ・ワトソンの願う平等な世界

俳優&ジェンダー活動家
エマ・ワトソン

今回紹介するスピーチの語り手は、大人気映画ハリーポッターのハーマイオニー・グレンジャー役でデビューし、世界で愛される女優さんのエマ・ワトソンさんです。映画やドラマの女優業の傍ら、フェミニストとして精力的に活動し、2014年から国連主催の「HeForShe」を通じてジェンダー平等へのムーブメントを主導している。

HeForShe」とは
「HeForShe」は、2014年に始めったUN Womenによるジェンダー平等を目指す取り組み。男女差別は女性だけの問題ではないとし、男性に対してキャンペーンへの賛同を呼びかけている。[引用:ELEMINIST]

HeForShe

今回はエマ・ワトソンさんが国連本部で「HeForShe」や「ジェンダー平等」について語ったスピーチを紹介します。英語の勉強になるのはもちろん、性差別や平等の意味について学べるすべらしい機会になると思います。是非楽しんでください。

後半の記事や動画からも学ぶべきこと、有用な情報がたくさんあると思うので是非楽しんで見てください!

今回もGaribenTVさんの動画を参考にご紹介させていただきます。ご興味があればGaribenTVさんのチャンネルに足を運び、色んな動画を楽しんでみてください。

みんなで考えるジェンダー平等問題について

フェミニズムについて語れば語るほど、女性の権利を主張することが男性嫌悪に繋がってしまうことが問題であるとひしひしと感じています。この現象を終わらせ、世の中の意識を変える必要があります。

今回紹介する動画は、この語り口からスタートします。近年、耳にするようになった「フェミニズム」という言葉について、さまざまな意見があると思います。エマ・ワトソンさんの実体験を交えて、語られるスピーチを聞いて、彼女の想いや意志を感じとってみてください。

スクリプトの下に、この動画を参考にした日本語訳を掲載しますので、深い理解のため合わせてご活用ください。スクリプト中の赤色の太文字になっているフレーズや表現をこの記事で細かく紹介していこうと思うので、動画視聴後も引き続きお楽しみください。メッセージの中でも、アンケートの中で多くの人が特に大事だと答えていただいてくれた部分に黄色でマークしてるので、合わせて楽しんで読んでみてください。

[動画タイトル]
UNスピーチ|エマ・ワトソン

[スクリプト “0:00〜1:30”]

[1] I was appointed six months ago and the more I have spoken about feminism the more I have realized that fighting for women’s rights has too often become synonymous with man-hating.

[2] If there is one thing I know for certain, it is that this has to stop. 

[3] For the record, feminism by definition is: “The belief that men and women should have equal rights and opportunities. It is the theory of the political, economic and social equality of the sexes.”

[4] I started questioning gender-based assumptions a long time ago, when at eight I was confused at being called “bossy,” because I wanted to direct the plays we would put on for our parents  but the boys were not. 

[5] When at 14 I started being sexualized by certain elements of the media.

[6] When at 15 my girlfriends started dropping out of their sports teams because they didn’t want to appear “muscly.”

[7] When at 18 my male friends were unable to express their feelings. I decided I was a feminist and this seemed uncomplicated to me.

日本語訳は「➕」ボタンを押せば表示されます。

日本語訳
[1] 半年前に就任したのですが、フェミニズムについて話せば話すほど、女性の権利のために戦うことがあまりにも男嫌いと同義になっていることに気づかされました。

[2] 私が確実に知っていることが一つあるとすれば、それは、このようなことは止めなければならないということです。

[3] ちなみに、フェミニズムの定義は、「男性と女性は同等の権利と機会を持つべきであるという信念、および男女の政治的、経済的、社会的平等の理論」である。

[4] 私が性別に関する潜在的な先入観に気づき、疑問を持ち始めたのはずいぶん前のことです。8歳のとき、私は親のために上演する演劇を演出したいと思っていた時に、「男の子たちはそんなことはなかったのに、偉そうと言われすごく戸惑いました。

[5] 14歳の時には、マスコミのある種の要素から性的な扱いを受けるようになりました。

[6] 15歳のとき、私の女友達は「筋肉質」と思われたくないという理由でスポーツチームを脱退するようになりました。

[7] 18歳になると、男友達が自分の気持ちを素直に伝えられなくなったんです。その頃、私はフェミニストであることを自覚し、そのことについてあまり気に留めていませんでした。

フレーズ紹介

1. be appointed:〜に任命される

“be appointed”は「〜について責任を任される」ということを意味し、類似する表現としては”be assigned” などがあると思います。

日本語訳は「➕」ボタンを押せば表示されます。

I’d like to introduce him (being) appointed a project manager.
プロジェクトマネージャーに就任した彼を紹介したいと思います。
I am flattered to be appointed a director.
ディレクターに就任できて光栄です。
He will be assigned to a leader of this group soon. 
彼はすぐにでもこのチームのリーダーに任命されるだろう。

2. be confused:困惑する

“be confused”「混乱する」「困惑する」という意味であり、日常生活でもどこでも使えるフレーズです。

日本語訳は「➕」ボタンを押せば表示されます。

He was confused by the problem.
彼はその問題に混乱していました。
My parents might get confused after they hear what I was going through .
今の私の状況を知ったら、両親は混乱するかもしれない。
He was momentarily confused by the foreign road rules.

彼は外国の交通ルールに一瞬戸惑った。

3. drop out:〜を諦める

“drop out”は日本語でもよく使用されるように「諦める」「中退する」「やめる」などの意味があります。スポーツの選手などが競技や大会に参加しない時や、また学校を中退したりするときなどにも使用できるフレーズです。

日本語訳は「➕」ボタンを押せば表示されます。

He dropped out of the race
彼はレースを諦めた。
Drop whatever you are doing.
行っていることを中断してください。
Many people drop out because they are not prepared for tough training.
厳しい訓練に対する準備ができておらず、多くの人々が諦めた。

続編へ “To Be Continued!”

後半の記事や動画からも学ぶべきこと、有用な情報がたくさんあると思うので是非楽しんで見てください!

関連記事

エマ・ワトソンの願う平等な世界 俳優&ジェンダー活動家 エマ・ワトソン 今回も前回に引き続き、エマ・ワトソンさんが国連本部で「HeForShe」や「ジェンダー平等」について語ったスピーチを紹介します。 前回(No.1)の記事をまだ読[…]

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「エマ・ワトソン」さんのスピーチに登場する便利な英会話フレーズを紹介しました。今後の記事も楽しみにしながら、「有名人のスピーチから学ぶ英会話」を楽しんで観てください。

このブログを通して、一緒に勉強する中で「このフレーズを紹介して欲しい!」「このフレーズってどう応用できますか?」などの質問や、「次の作品は〇〇がいいです!」などのリクエストも随時お待ちしてます。SNSやこのブログ上でも、お気軽に連絡ください。

「Life Is Short」
私たちの人生は短い!今この瞬間を大切にしながら一歩一歩、”コツコツ”成長していきましょう!

では、次の記事でお会いしましょう!! 

引用・参考動画

1. Gariben TV

このチャンネルは、筆者イチ推しのチャンネルであり、これから紹介する動画もここでみることができます。このチャンネルでは、有名なスピーチをもとに各動画が3-5分程度と短くまとめられていることに加えて、短時間で素晴らしいスピーチやインタビューの本質を学ぶことができます。このブログでもこれから大いにお世話になると思いますので、皆さんも”チャンネル登録”や”いいね”をよろしくお願いします。

しかも、有名な長いスピーチの中から、特に重要で面白い部分を切り取って紹介してくれるので、すごく効率的に英会話と、その内容について理解することができる最高のYouTubeチャンネルですので、実際に足を運んでみて、この動画だけでなく様々な動画を見てみてください。これほど英語学習に適した素晴らしいチャンネルは見たことないです!

私自身もこれまでの英語学習をすごく助けてもらったり、色々なことをこれまで学んできた過程で大ファンになり、皆さんにも知っていただき学習に活用していただきたいと思って、今回このような記事を書こうと思い至りました。

YouTube

このチャンネルは、英語勉強に必要な様々な種類の事を提供するために作られたチャンネルです。英語スピーチ、英語シャドーイング…

2.Youtube動画について 

Copyright Disclaimer Under Section 107 of the Copyright Act 1976, allowance is made for “fair use” for purposes such as criticism, commenting, news reporting, teaching, scholarship, and research. Fair use is a use permitted by copyright statute that might otherwise be infringing. Non-profit, educational or personal use tips the balance in favor of fair use.

► YouTube Fair Use: https://www.youtube.com/about/copyrig…
1) This video is for educational purposes.
2) This video modifies an original work by adding texts to the work.
3) This video borrows very small bits of material from an original work.
4) This video does not harm the copyright owner’s ability to profit from his or her original work.

3. トップ画像

Shutterstock
最新情報をチェックしよう!
>楽しく学べる「コツコツ英会話」

楽しく学べる「コツコツ英会話」

学業・ビジネスなど様々な目的を持つ方々の一助になるべくブログを開設しました。皆さんと最高の英会話ブログにしたいと思ってます。テーマアップして欲しい映画や動画のリクエスト、改善点やご要望があれば、SNSを通してご連絡いただけると幸いです。個別英語・英会話講師も喜んで承っておりますので、是非お気軽にご相談ください!

CTR IMG