『ティム・クック』のスタンフォード大学祝辞から学ぶ英会話 No.3 (最終章)

ティム・クックの想いを語る!

前々回(No.1)、前回(No.2)の記事をまだ読まれてない方は前半を読んでから、是非この後半の記事を読んでみてください。前半の記事、動画にも学ぶべきこと、有用な情報がたくさんあると思うので是非!

関連記事

手厳しくも暖かいティム・クックの言葉 「ティム・クック」 前回の記事で紹介したスピーチ(大学講義の抜粋)は、アップル共同創業者で、世界的に広く「伝説」として語り継がれるスティーブ・ジョブズのものでした。 そして、今回紹介するスピーチの[…]

関連記事

ティム・クックの熱いメッセージ 前半(No.1)の記事をまだ読まれてない方は前半を読んでから、是非この後半の記事を読んでみてください。前半の記事、動画にも学ぶべきこと、有用な情報がたくさんあると思うので! [sitecard subti[…]

前後半にて紹介する動画の概要としては、スタンフォード大学の2019年度の卒業式で、ジョブズの後継者であるティム・クックが祝辞を行った際のスピーチです。前半は卒業生へ向けた祝辞、中間はこれから社会に出て活躍する新社会人である卒業生へ向けたビジネスパーソンをしての心構えを教えてくれます。そして、最終章はこれまでの総括です。

立場、年齢、職業に限らず、「働くこと」についてすごく大切なことを教えてくれるので、英語を学びながら、いろいろなことを感じ取ってみてください!!

ティム・クックの祝辞スピーチの結論とは?

今回は、そのスピーチの終盤を見ながら、様々なフレーズを紹介していきたいと思います。後半は「成功するための心構え」に関して、様々な事例を上げながら教えてくれます。このスピーチからも英語だけでなく、ビジネスパーソンとして学ぶべきことがたくさんあると思うので、是非楽しんでみてください。

スクリプトの下に、この動画を参考にした日本語訳を掲載しますので、深い理解のため合わせてご活用ください。スクリプト中の赤色の太文字になっているフレーズや表現をこの記事で細かく紹介していこうと思うので、動画視聴後も引き続きお楽しみください。メッセージの中でも、アンケートの中で多くの人が特に大事だと答えていただいてくれた部分に黄色でマークしてるので、合わせて楽しんで読んでみてください。

[動画タイトル]
スタンフォード講演|ティム・クック

[スクリプト “5:00〜LAST”]

[1]I knew that if you got out of bed every morning and set your watch by what other people expect or demand, it’ll drive you crazy. So what was true then is true now. Don’t waste your time living someone else’s life.

[2]Don’t try to emulate the people who came before you to the exclusion of everything else, contorting into a shape that doesn’t fit. It takes too much mental effort – effort that should be dedicated to creating and building. You’ll waste precious time trying to rewire your every thought, and, in the mean time, you won’t be fooling anybody.

[3] Graduates, the fact is, when your time comes, and it will, you’ll never be ready. But you’re not supposed to be.

[4]Find the hope in the unexpected. Find the courage in the challenge. Find your vision on the solitary road. Don’t get distracted.

[5]There are too many people who want credit without responsibility. Too many who show up for the ribbon cutting without building anything worth a damn. Be different. Leave something worthy. And always remember that you can’t take it with you. 

[6]Thank you very much. And Congratulations to the Class of 2019!

日本語訳は「➕」ボタンを押せば表示されます。

日本語訳
[1]毎朝ベッドから起きて、他人が期待したり要求したりする通りに自分の時計や動き方を合わせていたら、それはあなたを狂わすでしょう。この考えは昔から今までずっと真実として知られています。他人の人生を生きることで、あなた自身の時間を無駄にしないでください。

[2]先人たちの真似をしようとしないでください。それは他の全ての可能性を排除することであり、自分に合わない型に、自分自身を無理矢理入れることになってしまいます。それはとてつもない時間や努力を浪費してしまいます。本来、創造や構築に費やすべき時間や精神的な努力を、です。皆さんの全ての考えを変えるのに貴重な時間を費やすことになるでしょう。その間、あなたは誰にも勝つことはできないでしょう。

[3]卒業生の皆さん、将来的に、皆さんが成功のために重要な選択や決断を迫られる場面に直面した時、皆さんはそれらに向き合うための万全の準備は決してできていないと思います。完璧な準備なんてできないのです。

[4]だからこそ、思いも寄らない状況の中でも希望を見出してください。挑戦を続けながら勇気を見つけてください。孤独な道を歩く中で自分の理想像を見つけてみてください。決して何にも惑わされないでください。

[5]責任を負わずに、名声や成功を得ようとする人があまりにも多すぎます。価値のあることを何も成し遂げずにです。こんな人のようにはならないでください!価値のある何かを残すように頑張ってください。そして、生きている間になし得た功績や成功は天国には持っていけないからこそ、次の世代に伝えるようにしてください。

[6]どうもありがとうございました。そして、2019年のクラスの皆さん、おめでとうございます。

フレーズ紹介

1. drive:〜を引き起こす、導く

“drive”は「(車など)を運転する」の他にも有用な表現があります。それは「〜を推進する」『〜を駆り立てる」などです。

日本語訳は「➕」ボタンを押せば表示されます。

She is driving me crazy.
彼女には本当に頭にくる。
TV commercial message drives people’s love of gain.
テレビのCMは人々の物欲を活発にする。
Our company is driven by passion and ambition.
私たちの会社は情熱と野望を原動力として活動している。

2. dedicate to:〜に捧げる、費やす

“dedicate”は基本的には「~に捧げる」「〜に熱中する」の意味や、形容詞てして「~専用の「~に特化した」などの意味で使われることが多いです。

日本語訳は「➕」ボタンを押せば表示されます。

He dedicated his life to helping the poor.
彼は人生を貧しい人々を助けることに捧げました。
Our company has dedicated IT department.
我々の会社は専用のIT関連の部署を持っている
He dedicates herself to research.
彼女は研究に専念します。

3. be supposed to:〜することになっている

“be supposed to” は、場面を選ばず日常会話の中でよく使われています。”suppose”は「考える」「思う」「イメージする」などの意味があり、”be supposed to”では「~しなければいけない」「~する予定です」「~らしいです」などの意味があり、状況によって使い分けます。その正しい使い方と、その有用性を紹介するので是非覚えてみてください。

日本語訳は「➕」ボタンを押せば表示されます。

A:I’m wondering how many days of paid vacation we can get in a year? 
B:We‘re supposed to get 25 days a year.
A:年間で何日くらい有給もらえるんだっけ?
B:25日間だよ。
A:What did you do yesterday?
B:I was supposed to go shopping but I stayed at home instead.
A:昨日何してたの?
B:買い物に行く予定だったんだけど、結局家にいたよ。
A:I don’t know what to do right now.
B:There is supposed to be something that you can do it.
A:何をすればいいんだろう?
B:あなたにも何かできることがあるはずだよ。
関連記事

万能フレーズ "be supposed to" "be supposed to"は「〜することになっている」「〜する予定である」という意味になるフレーズで、日常会話でもよく使われる表現の一つです。加えて、状況によって様々なフレーズに変化す[…]

4. get distracted :〜に邪魔される

“sense”は名詞である「感覚」という意味の他に、動詞として「~に感づく」「~という気がする」という意味があり、便利な使い方ができます。五感的に感じたり、気づいたりするときに使用することができます。

日本語訳は「➕」ボタンを押せば表示されます。

Are you OK? You seem to be distracted.
大丈夫ですか? 心ここにあらずって感じですよ。
A:Are you OK?
B:Sorry. I got distracted.
A:You should get some sleep.
[参照:YOSHIのネイティブフレーズ]
A:大丈夫?
B:ごめん。気が散っちゃって。
A:少し休んだ方がいいよ。
A:Sorry about the noise.
B:That’s OK. Where were we again?
A:I forgot. I got distracted by the kids.
[参照:YOSHIのネイティブフレーズ]
A:うるさくてごめんね。
B:いいよ。何の話してたんだっけ?
A:忘れちゃった。子供達に気をとられちゃって。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ティム・クックのビジネス観や彼の人生、若者に期待するものを非常に力強く語ったスピーチ、それらの話の中から様々なフレーズを学ぶことができると思います。人生哲学やビジネスを学べるだけでなく、英会話も向上するなんで一石二鳥だと思いませんか?

今回は、「ティム・クック」のスピーチに登場する便利な英会話フレーズを紹介しました。次回作も楽しみにしながら「有名人のスピーチから学ぶ英会話」を楽しんで観てください。

このブログを通して、一緒に勉強する中で「このフレーズを紹介して欲しい!」「このフレーズってどう応用できますか?」などの質問や、「次の作品は〇〇がいいです!」などのリクエストも随時お待ちしてます。SNSやこのブログ上でも、お気軽に連絡ください。

「Life Is Short」
私たちの人生は短い!今この瞬間を大切にしながら一歩一歩、”コツコツ”成長していきましょう!

では、次の記事でお会いしましょう!! 

引用・参考動画

1. Gariben TV

このチャンネルは、筆者イチ推しのチャンネルであり、これから紹介する動画もここでみることができます。このチャンネルでは、有名なスピーチをもとに各動画が3-5分程度と短くまとめられていることに加えて、短時間で素晴らしいスピーチやインタビューの本質を学ぶことができます。このブログでもこれから大いにお世話になると思いますので、皆さんも”チャンネル登録”や”いいね”をよろしくお願いします。

しかも、有名な長いスピーチの中から、特に重要で面白い部分を切り取って紹介してくれるので、すごく効率的に英会話と、その内容について理解することができる最高のYouTubeチャンネルですので、実際に足を運んでみて、この動画だけでなく様々な動画を見てみてください。これほど英語学習に適した素晴らしいチャンネルは見たことないです!

私自身もこれまでの英語学習をすごく助けてもらったり、色々なことをこれまで学んできた過程で大ファンになり、皆さんにも知っていただき学習に活用していただきたいと思って、今回このような記事を書こうと思い至りました。

YouTube

このチャンネルは、英語勉強に必要な様々な種類の事を提供するために作られたチャンネルです。英語スピーチ、英語シャドーイング…

2.Youtube動画について 

Copyright Disclaimer Under Section 107 of the Copyright Act 1976, allowance is made for “fair use” for purposes such as criticism, commenting, news reporting, teaching, scholarship, and research. Fair use is a use permitted by copyright statute that might otherwise be infringing. Non-profit, educational or personal use tips the balance in favor of fair use.

► YouTube Fair Use: https://www.youtube.com/about/copyrig…
1) This video is for educational purposes.
2) This video modifies an original work by adding texts to the work.
3) This video borrows very small bits of material from an original work.
4) This video does not harm the copyright owner’s ability to profit from his or her original work.

3. トップ画像

WAVEFORM LAB

Steve Jobs がスタンフォード大学で卒業式の開会スピーチを行ったのは 2005年のことだ。伝記によると、妻の L…

最新情報をチェックしよう!
>楽しく学べる「コツコツ英会話」

楽しく学べる「コツコツ英会話」

学業・ビジネスなど様々な目的を持つ方々の一助になるべくブログを開設しました。皆さんと最高の英会話ブログにしたいと思ってます。テーマアップして欲しい映画や動画のリクエスト、改善点やご要望があれば、SNSを通してご連絡いただけると幸いです。個別英語・英会話講師も喜んで承っておりますので、是非お気軽にご相談ください!

CTR IMG