『美女と野獣』フレーズNo.3 “put (it) down”

やめる! “put it down”

海外ドラマなどを見ていると必ず聞く “put it down” という表現。単語の組み合わせとして”put down”は「〜を置く」とイメージするかもしれませんが、実はその他にもさまざまな使われ方をします。これは個人的に非常に面白いフレーズだと思います。

今回も「美女と野獣」の作中での使い方を参考に、 “put it down” の意味と使い方を紹介していきます。是非是非楽しんでいってください!

また、「美女と野獣」の前に、「塔の上のラプンツェル」をテーマにしたフレーズ紹介もしてるので、ぜひ楽しんでみてください。

コツコツ英会話ブログ

ディズニーや有名映画を使った最高に楽しい英会話…

美女と野獣/フレーズ紹介

「美女と野獣」の「野獣」がどのように生まれたのかについて物語の鍵を握るプロローグが終わったあと、いよいよ登場したのが大人気ディズニープリンセス “ベル”。彼女の日常の風景とともに、陽気で明るい劇中歌である”Belle(朝の風景)”が始まります。

このフレーズは、美女と野獣の劇中歌 “Belle(朝の風景)”の中にあります。この歌は活気にあふれていて、気分を上げてくれる歌でもあるので、ぜひフレーズも覚えながら楽しんで見てください!

Belle (朝の風景)

作中フレーズ

I couldn’t put it down
((楽しすぎて)やめれないの!)

作中会話

ベル
Good morning, I’ve come to return the book I borrowed.

本屋のおじさん
Finished already?

ベル
Oh, I couldn’t put it down! Have you got anything new?

本屋のおじさん
Not since yesterday.

日本語訳(歌詞)
ベル
おはようございます、借りた本を返しに来ました。

本屋のおじさん
もう終わったの?

ベル
本を閉じることができなかったの!新しい本は入荷してある?

本屋のおじさん
昨日以降の新しい入荷はまだないよ。

“put it down” の意味・使い方

“put it down”には、たくさんの意味があります。その中でも頻繁に使うのが、”I can’t put it down”は「それが夢中で辞められない」といった表現です。他にも、「メモを取る」「〜をいじめる」などもありますので、是非ゆっくり覚えて使ってみてください。

【意味・種類】
put it down
 1. 〜をやめる
 2. 〜のメモを取る
 3. 〜の悪口を言う、いじめる

次に、フレーズや会話の例を紹介します。各フレーズの日本語訳は「➕」ボタンを押せば表示されるので、一つ一つ確認してみてください。

1. 〜をやめる

“put (it) down”で「いったん(やっていることや物)を置く=いったん止める」というイメージになります。例えば、本を読んでいる時に”Put it down”と言われた場合、「本を一旦置いて!=一旦やめて!」というニュアンスになります。

Put it down right now.
今すぐやめなさい!
A:Are you still reading book? Put it down!
B:It’s really interesting, so I can’t put it down.
A:まだ読んでるの?やめなさい!
B:これめちゃめちゃ面白いし、夢中でやめられないよ!
A:How long have you played the game?
B:It’s almost 10 hours! And it’s a good part right now, so I can’t still put it down!
A:何時間ゲームやってるの?
B:だいたい10時間くらいかな!それに、今いいところだからやめられるはずないよ!

2. 〜のメモを取る

この”put (it) down”は、”write (it) down”や”jot (it) down”などの「メモを取る」と同じ使い方です。これらのフレーズについても、今後紹介していきたいと思います。

A:Please put your name down in this blank!
B:Sure, all right!
A:この空欄に名前を書いてください。
B:了解しました。
A:Does that make sense?
B:Not yet, but I already put it down on memo. Let’s move on!
A:理解できた?
B:まだだけどメモは終わったから、次に進もうよ!

3. 〜の悪口を言う、いじめる

“put (人) down”で「(人)の気分を下げる=けなす、いじめる」というイメージになります。似た様な表現として”I won’t let you down” 「絶対がっかりさせない」などもあり、”down”は人の気分を表す時にも使います。

A:Why does he always put her down?
B:I guess it’s the other side of love.
A:なんで彼はいつも彼女にあんなことするの?
B:思うんだけど、あれって愛情の裏返しなんじゃない?
A:He put him down by sneering at his score.
B:He’s so mean, isn’t he?
A:彼女は彼の業績をバカにして、彼をこき下しました。
B:彼っていじわるよね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

“put it down” は簡単に使えて、日常の会話の中でも頻繁に出てくると理解していただけたかと思います。学校で習う表現はもちろん、日常生活の中で使用されている表現・フレーズも覚えて、是非使ってみてはいかがでしょうか?

今回は、「美女と野獣」に登場する日常英会話で使える「put it down」を使った英会話フレーズを紹介しました。次のフレーズも楽しみにしながら、ディズニー名作「美女と野獣」を楽しんで観てください。一緒に映画を楽しみながら英語を勉強するついでに、お気に入りのセリフを見つけていきましょう。

「塔の上のラプンツェル」をテーマにしたフレーズ紹介もしてるので、ぜひ楽しんでみてください。TwitterやFaceBookでご好評いただけました。ありがとうございます。

このブログを通して、一緒に勉強する中で「このフレーズを紹介して欲しい!」「このフレーズってどう応用できますか?」などの質問や、「次の作品は〇〇がいいです!」などのリクエストも随時お待ちしてます。SNSやこのブログ上でも、お気軽に連絡ください。

「Life Is Short」
私たちの人生は短い!今この瞬間を大切にしながら一歩一歩、”コツコツ”成長していきましょう!

では、次の記事でお会いしましょう!! 

最新情報をチェックしよう!
>楽しく学べる「コツコツ英会話」

楽しく学べる「コツコツ英会話」

学業・ビジネスなど様々な目的を持つ方々の一助になるべくブログを開設しました。皆さんと最高の英会話ブログにしたいと思ってます。テーマアップして欲しい映画や動画のリクエスト、改善点やご要望があれば、SNSを通してご連絡いただけると幸いです。個別英語・英会話講師も喜んで承っておりますので、是非お気軽にご相談ください!

CTR IMG